MUGAが選ばれる理由

― 技術革新 ―

イノベーションが住宅塗装の基準を変える。

 

Smell

select_bg.png

ハイグレードな無機素材+多重ラジカル制御技術が、

大切な住宅を長く守り続けます。

深い満足度と高い価値観。

それこそが「MUGA」が選ばれる理由です。

ラジカルとは、塗料の顔料に含まれる酸化チタン(白顔料)が紫外線や酸素、

水などに接触することで発生する劣化因子のことです。

人の肌や塗料の樹脂のような有機質を破壊し外壁の塗膜劣化の原因になっています。

MUGAは5つのステージコントロール技術によりラジカルを抑制し、

フッ素樹脂塗料を超える超耐候性を実現しました。

radical_1.png
5menu.png

「5つのステージコントロール技術」で ラジカルを抑制

1

厚い多重構造無機バリア層で酸化チタン(白顔料)の表面をコートして紫外線の侵入を防ぐ。

2

発生してしまったラジカルも厚い多重構造無機バリア内に封じ込めラジカルの増殖を抑制。

3

HALS(光安定剤)により発生したラジカルを封じ込め増殖を抑制。

4

紫外線吸収剤(UVA)により紫外線を吸収し熱などのエネルギーに変換して放出。

5

樹脂にはガラスと同じ珪石(石英)を原料とする紫外線に強い合成樹脂を採用。

多重構造無機バリア

多重ラジカル制御形酸化チタン採用

MUGAは自動車や重防食等の極めて高い耐候性が求められる分野で使用されている多重ラジカル制御形酸化チタンを、住宅塗装分野に於いて業界に先駆けて採用しました。これにより従来品を凌ぐ耐候性を実現しました。

一般的な白顔料

発生したラジカルにより塗膜が破壊。

radical_2.png

従来のラジカル制御形白顔料

コーティング層によりラジカル制御の効果が見られるが、完全には封じ込めきれない。

radical_3.png

多重ラジカル制御形酸化チタン

[多重構造白顔料]

アルミニウム、ジルコニウム、ケイ素、有機物で処理されており、自動車や重防食等の極めて高い耐候性が求められる分野で使用されています。MUGAはラジカル制御効果に大きく貢献するSi層、Al層の処理方法を見直した新しい処理法により、既存のラジカル制御形酸化チタンをはるかに凌ぐ耐候性に最も特化した酸化チタンを採用しました。

radical_4.png
radical_5.png
 
 
silanol_bg.jpg

Stay Clean

シラノール親水技術により水に良く馴染む表層に変成し、

ハイドロクリーニング効果を持つ塗膜を形成。

シラノールとはアルコキシシランを加水分解して得られる親水性を発揮する化合物です。表層が変成したその塗膜は付着した汚染物質をハイドロクリーニング効果により雨水が流し落とします。また、静電気の帯電も少なくチリやホコリを寄せ付けず建物の美しさを長期にわたり保ち続けます。

icon.png

シラノール親水技術

塗装直後

塗料樹脂にアルコキシシランが全体に混ざっている

silanol_1.png
silanol_4.png

乾燥・成膜過程

空気中の水分と反応(加水分解)し、シラノールになり表層に配列される

silanol_2.png
silanol_4.png

成膜後

塗膜表層にシラノール層を形成し、超低汚染性塗膜が出来る

silanol_3.png
icon.png

撥水性と親水性

MUGAは塗膜の表層にシラノール層を形成することで親水性塗膜となります。

【撥水状態】

silanol_5.png

<フッ素樹脂塗料>

撥水性で塗膜に水滴が出来てしまう。

【親水状態】

silanol_6.png

<MUGA>

親水性で塗膜に良くなじむ。

icon.png

防藻・防カビ効果と、雨で汚れを落とす超低汚染性

雨で汚れを流し落とすレベルアップされたハイドロクリーニング効果。

【撥水状態】

silanol_7.png

長期間、藻やカビの発生を防ぎます。

【親水状態】

silanol_8.png

親水性に優れた塗膜表面と汚染物質の間に雨水が入り込み、汚染物質を浮き上がらせ、そのまま流し落とします。

 
thermal_bg.jpg

Thermal Barrier Performance

耐候性を維持し早期退色不安を軽減。

従来の遮熱塗料の概念を超えた「MUGA freeza」。

icon.png

変色制御混色で退色・変色リスクをコントロール

遮熱塗料は通常、太陽光(近赤外線)を大きく吸収するカーボンブラックを使わないことで遮熱性能を向上させていますが、退色に強く耐候性に優れたカーボンブラックを使わないことは、一般塗料以上に退色・変色のリスクが生じる要因となっていました。

MUGA freezaは特殊黒顔料等に依存せず、耐候性に優れた顔料同士の退色速度を揃えることで早期退色不安を軽減しました。

従来の遮熱塗料の調色方法

〈一般混色〉

thermal_1.png

紫外線に弱い顔料(黄)から退色していき、時間とともに塗膜が変色。

〈特殊黒顔料を使用〉

thermal_2.png

カーボンブラックより漆黒性で劣るため青等で補正するが、退色により変色。

MUGA freeza

〈変色制御混色〉

thermal_3.png

耐候性の高い顔料で各顔料の退色スピードを合わせ、極端な一方向への変色を防ぐ。

icon.png

樹脂と光安定剤(HALS)を増量し退色進行を最大限抑制

【退色のメカニズム】樹脂の劣化により、紫外線等の影響を顔料が直接受け変色・退色。

thermal_4.png
thermal_10.png
thermal_5.png
thermal_10.png
thermal_6.png

【MUGA freeza】樹脂量と光安定剤(HALS)を増やし、顔料の退色進行を最大限抑制。

thermal_7.png
thermal_10.png
thermal_8.png
thermal_10.png
thermal_9.png
icon.png

「MUGA freeza」と「一般屋根用塗料」の比較

室内の温度上昇の要因である太陽光(近赤外線)を反射し、蓄熱を抑制することで夏場でも室内温度の上昇を抑え、省エネ・節電に繋がります。さらに高耐候性、低汚染性により塗膜表面の劣化を防ぎ、遮熱性能を長期にわたり保持します。

一般屋根用塗料

■太陽光(近赤外線)を吸収して室内温度が上昇、エアコンは強

■室外機もフル稼働で、排出するCO₂も多量

thermal_11.png

MUGA freeza

■太陽光(近赤外線)を跳ね返すため、エアコンは弱で部屋が快適

■室外機から排出するCO₂の軽減

thermal_12.png
icon.png

サーモグラフィーによる屋根モデル表面温度分布(熱画像)

2枚の屋根モデル(鉄板)の左側にMUGA freeza、右側に一般屋根用塗料を塗布し、サーモグラフィーで測定した結果です。一般屋根用塗料と比較し表面温度で約20℃の差がでました。

thermal_13.png
thermal_14.png
icon.png

優れた遮熱性能による高反射率

太陽光は波長によって紫外線、可視光線、赤外線という3つの領域に分けられます。紫外線は塗膜の劣化の大きな要因、可視光線は人が色として認識できる光の領域、そして赤外線は熱線とも呼ばれ、物質に吸収されると熱へと変化します。その温度上昇の原因となる近赤外領域(780〜2500nm)の赤外線を反射するほど遮熱性能が高くなります。MUGA freezaは一般カーボン系塗料に比べ高い反射率を実現しています。

thermal_15.png