MUGAが選ばれる理由

― 技術革新 ―

イノベーションが住宅塗装の基準を変える。

 

Smell

ハイグレードな無機素材+多重ラジカル制御技術が、

大切な住宅を長く守り続けます。

深い満足度と高い価値観。

それこそが「MUGA」が選ばれる理由です。

ラジカルとは、塗料の顔料に含まれる酸化チタン(白顔料)が紫外線や酸素、水などに接触することで発生する劣化因子のことです。

人の肌や塗料の樹脂のような有機質を破壊し外壁の塗膜劣化の原因になっています。

MUGAは5つのステージコントロール技術によりラジカルを抑制し、

フッ素樹脂塗料を超える超耐候性を実現しました。

「5つのステージコントロール技術」で ラジカルを抑制

1

厚い多重構造無機バリア層で酸化チタン(白顔料)の表面をコートして紫外線の侵入を防ぐ。

2

発生してしまったラジカルも厚い多重構造無機バリア内に封じ込めラジカルの増殖を抑制。

3

HALS(光安定剤)により発生したラジカルを封じ込め増殖を抑制。

4

紫外線吸収剤(UVA)により紫外線を吸収し熱などのエネルギーに変換して放出。

5

樹脂にはガラスと同じ珪石(石英)を原料とする紫外線に強い合成樹脂を採用。

多重ラジカル制御形酸化チタン採用

MUGAは自動車や重防食等の極めて高い耐候性が求められる分野で使用されている多重ラジカル制御形酸化チタンを、住宅塗装分野に於いて業界に先駆けて採用しました。これにより従来品を凌ぐ耐候性を実現しました。

 

Stay Clean

シラノール親水技術により水に良く馴染む表層に変成し、 ハイドロクリーニング効果を持つ塗膜を形成。

シラノールとはアルコキシシランを加水分解して得られる親水性を発揮する化合物です。表層が変成したその塗膜は付着した汚染物質をハイドロクリーニング効果により雨水が流し落とします。また、静電気の帯電も少なくチリやホコリを寄せ付けず建物の美しさを長期にわたり保ち続けます。

シラノール親水技術

塗料樹脂にアルコキシシランが全体に混ざっている

空気中の水分と反応(加水分解)し、シラノールになり表層に配列される

塗膜表層にシラノール層を形成し、超低汚染性塗膜が出来る

撥水性と親水性

MUGAは塗膜の表層にシラノール層を形成することで親水性塗膜となります。

防藻・防カビ効果と、雨で汚れを落とす超低汚染性

雨で汚れを流し落とすレベルアップされたハイドロクリーニング効果。

野外暴露試験

左側にフッ素樹脂塗料、右側にMUGAを塗装後10ヶ月間放置した結果、MUGAは雨だれなどの汚染物質はほぼ付着していませんでした。

美しくなめらかな光沢感

最先端技術によりミクロレベルで平滑性を可能にし、なめらかで高い光沢感を実現しました。美観性と防汚性に優れたその塗膜は、建物を守り、長期にわたり美しさを保ち続けます。

 

徹底した耐久性へのこだわり

MUGAは“あえて”遮熱性能を付けていません。

遮熱性を付けるか、耐久性を上げるか―。

それは塗料のバランスを考える上で非常にデリケートな問題です。

一般的な塗料に含まれる「カーボンブラック」という

黒色の顔料は退色に強い反面、

熱を持ちやすい性質を持っています。

そのカーボンブラックを使用せずに塗料を設計すれば

遮熱性能を上げることは可能ですが、

耐久性に不安が残ります。

MUGAは愚直に耐久性にこだわるからこそ、

遮熱性能をあえて付与せずに企画開発しました。

 

© 2019 PREMATEX Co.,Ltd.

muga_rogopa_edited.png